虹のかかる街

虹のかかる街

虹のかかる街は、1000ピースあるので初心者にとっては少しピース数が多くて大変ですがおすすめです。

 

虹のかかる街

 

イラストは人によって好き嫌いがあるので、好きな人もいれば嫌いな人もいるかもしれません。

 

私はこのジェーン・ウースター・スコットの世界観がとても好きです。

 

一枚の絵の中に、人々のほっこりするような世界が広がっていて、その世界の中にいるような心地よさを感じるからです。

 

ファンタジーの世界観で、ほっとするような絵がとても好きです。

 

作っていても楽しいですし、完成した時のリラックスした心地よさがあって、温かい気持ちがになるのが好きです。

 

ピース数は確かに多いので大変ですが、ただ細かな部分まで描かれているので、思ったほど難しくないのもこの絵の特徴です。

 

1000ピースはありますが、同系色の1000ピースから比べればかなり作りやすい作品とは言えます。

 

初心者には300ピースをおススメしていますが、そろそろ1000ピースにチャレンジしたいと思っている人には、絵柄も良いし作りやすいのでおススメです。

 

ほっこりする世界観のある絵を楽しんでくださいね。