ジグソーパズル制作する為のちょっと上のコツ

ジグソーパズル制作する為のちょっと上のコツ

ジグソーパズルでは、同系色が広がっている海や空を作る時などは大変ですが、この時にとても役立つコツです。

 

海

 

同じ色のピースを探す時には基本的には、これかな?これかな?と1つずつピースを合わせて探すことになります。

 

この時に、この作業量を半分にするコツです。

 

ジグソーパズルを作る時のコツの一つに最初に色分けをする事がありますが、今度は同じ色の中でもピースの向きを分けて作業を効率化します。

凸凹の向きで探す方法

手順@

 

同じ色で分けてあるピースを10個くらい適当に取って並べます。

 

この並べる時に、凸凹の向きを同じになるように並べるのです。

 

例えば、凹のへっこんでいる方を上下にして並べ、凸の出っ張っている方を左右にして並べるのです。

正方形と細長いのを探せ!

手順A
正方形と細長いのを探せ!

 

同じ向きに並べたピースを見てみるとある事に気が付くと思います。

 

それはほぼ正方形の形のピースと、細長く見えるピースあるのです。

 

実は、この正方形のピースと細長いピースは交互に並ぶのです。

 

ここ大事です!正方形の形のピースと長細いピースは交互になる!という事です。

正方形と長細いは交互!

手順B
正方形と長細いは交互!

 

正方形のピースと長細いピースは交互に並ぶのです。

 

交互というのは上下左右です。なので、正方形のピースの上下と左右には細長いのが来るのです。

 

ピースには当然ながら凸凹があって、凸の隣は凹なので形と凸凹を見ていくと選ぶピースは半減できるのです。

変形には変形がセット

手順C
変形には変形がセット

 

もう一つ覚えておくコツは、変形には変形がセットで成り立つという事です。

 

変形ピースとは、凸凹が2個2個ではなく1個と3個などのピースです。

 

この変形ピースの隣は変形ピースがワンセットにはなるという事です。

 

2個でワンセットなのがほとんどなので、変形ピースがあったら隣の変形ピースを探してみるのも手です。